報告者 JAいわて花巻 菊池弥須夫さん

5月に田植えをし、6月に草取りをした、いわて花巻の交流の田んぼの様子が産地より届きました。
稲は元気に育ち、ついに「出穂」したようです!※出穂とは稲や麦から穂が出ることをいいます。

これからも元気に育ってくれるといいですね。

f0176736_15434162.jpg
f0176736_15432888.jpg

[PR]

# by yumeblog08 | 2017-08-09 15:54 | JAいわて花巻 | Comments(0)



報告者:ジョイファーム小田原 大須
真希さん


「ぼくのわたしの梅干しづくり」で梅干しの袋漬けをしてもうすぐ1ケ月半。

皆さん梅はもう干しましたか?

講師をしてくれた生産者、斉藤徳雄さんのところでは719日から干し始めました。

この日はちょうど関東の梅雨明け宣言がされた日。

「みんなそろそろ干し始めたほうがいいよ。天気予報を見て、45日晴れが続く時がチャンス!」と斎藤さんは言っていました。

ここで、天日干しの復習です。

 ↓



土用(7月下旬~8月上旬)のころ、晴天の続く日を選び、ざるやすだれなどに並べて、日が当たり風通しのよい場所に梅を干す。

梅の干し方は34日!

1日目 夕方から干し始めるのが理想的。

2日目 じっくり待つ日。

3日目 朝、梅がしっとりしているうちにひっくり返す

4日目 朝早いうちに水をかけ、お昼前に乾いた頃に取り込む。

斎藤さんの天日干しと樽詰め作業の様子はこちらになります。

 ↓


■1日目干し作業

f0176736_12235360.jpg

f0176736_12490296.jpg
f0176736_12490666.jpg



■2日目

f0176736_12492516.jpg



■3日目天地返し

f0176736_12492931.jpg

f0176736_12493321.jpg



■4日目樽詰め作業

f0176736_12493808.jpg

f0176736_12494272.jpg
f0176736_12494641.jpg

斎藤さんより、「最初に干す前の水洗いは、ご家庭であればボールに水を張って梅をそこに入れてしまって大丈夫だよ。」とおっしゃっていました。

億劫になりがちな天日干しですが、これを乗り越えての美味しい梅干し。

ぜひ皆さんがんばって挑戦してください!

※上記はジョイファーム小田原での天日干し方法です。
パルシステムでご紹介している方法はこちら
▽だいどこログ
https://daidokolog.pal-system.co.jp/recipe/2180




[PR]

# by yumeblog08 | 2017-07-25 17:06 | ジョイファーム小田原

報告者 JAいわて花巻 菊池弥須夫さん

交流たんぼの稲の生育状況です
6月後半に入り、お天気の日が続き、生育が良くなりつつあります。
f0176736_14424963.jpg
交流たんぼの様子
f0176736_14430662.jpg
交流たんぼの様子
f0176736_14431740.jpg
初夏の交流で植えた 夏野菜なすの様子
f0176736_14432870.jpg
春の交流で植えた さつまいもの様子

[PR]

# by yumeblog08 | 2017-07-04 14:56 | JAいわて花巻 | Comments(0)

報告者:パルシステム神奈川ゆめコープ 交流・商品活動支援課 坂本


みなさん、こんにちは 6/17(土)18(日)産地ツアー いわて花巻 初夏の交流にいってきました。


今回は1か月前に植えた苗の生育の妨げとなるお手入れ(草取り)ツアーです。無農薬だからこそ、人の手間暇がかけられ、育てられるお米作りに欠かせな大切な作業です。草取りと言っても、苗の生育状況が確認できたり、生産者と一緒に田んぼに入ってお話ししながらの作業なのであっという間に時間が経ってしまいます。子どもたちはおたまじゃくしやカエルを捕まえたりと、普段、なかなかできない自然の中での貴重な体験をすることができたようです。

f0176736_11163101.jpg
f0176736_11145367.jpg
f0176736_11160036.jpg

お母さんと子どもは、夏野菜の植え付けと絹サヤと玉ねぎの収穫。お土産としていただきました。

f0176736_11172139.jpg
f0176736_11180132.jpg

お父さんは田んぼに米ぬかを撒きました。米ぬかを撒くことで、水面の日光を遮断し、雑草の生育を妨げる効果があるようです。

f0176736_11183128.jpg
楽しい交流会では、女性生産者「小山田美女会」の郷土料理と流しそうめんをしました。

f0176736_11191900.jpg
f0176736_11210430.jpg


二日目は、地元の老舗 創業明治39年の「佐々長醸造」の見学。

【佐々長醸造】

http://www.sasachou.co.jp/

f0176736_11220690.jpg

日本最北端となる和紙の職人がいる「和紙工芸館」で紙すき体験です。この和紙の先生は、昨日田んぼで一緒に草取りをした生産者です。

【成島和紙】

http://www.bunka.pref.iwate.jp/dentou/kougei/shousai/kougei_050.html

f0176736_11224361.jpg

和紙作りのあとは、300段ある階段を登って「成島毘沙門堂」の見学です。昼食は郷土料理のひっつみ汁をいただきました。

【成島毘沙門堂】

http://www.iwatabi.net/morioka/touwa/bisya.html

f0176736_11232566.jpg
天候にも恵まれ楽しい産地ツアーも終了です。小さいころに「ご飯粒を残すと目がつぶれる」と、おばあちゃんから言われたことがあります。お米作りを体験してから、その意味が実感することができました。今回の草取りでも、大切に育てられているお米作りを学び、お米の美味しさをあらためて実感するツアーとなったことでしょう。また岩手県花巻市の文化や伝統も知り、お米を食べるたびに産地の風景を思い出してくれると思います。秋は稲刈り、冬は宮沢賢冶記念館などを訪れる予定です。


f0176736_11243990.jpg
f0176736_11251271.jpg


[PR]

# by yumeblog08 | 2017-06-21 11:51 | JAいわて花巻 | Comments(0)

報告者 
パルシステム神奈川ゆめコープ 交流・商品活動支援課 坂本

みなさん、こんにちは 5/20(土)21(日)産地ツアー いわて花巻 春の交流にいってきました。


940分の東京駅発のやまびこで産地にむけて出発!

新花巻駅までの車中は家族ごとにおしゃべりしたり、駅弁を食べたりして、ワクワクこころ躍らせ産地に向かいました102.png

当日は暑いくらいの晴天で、田植え日和となり、ホテルで着替えてさっそく田んぼにむけて出発!

途中の産直「あおぞら」で岩手県立花巻農業高等学校鹿踊部の「花農春日流鹿踊」が演目を披露する日に運よくあたり大迫力の演目を見学。
f0176736_17071261.jpg















田んぼについて、さっそく田植えのスタート

1家族に1名の生産者がついて田植えの仕方を教えてくれたので、子どもでもちゃんと植えることができました。

f0176736_17123764.jpg
f0176736_11361463.jpg

























田んぼの中には、かえるとかオタマジャクシとかどじょうがいて、生きものが安心してくらせる田んぼなんだな。って思いました。生産者とおしゃべりをしながら田植えは無事終了し、記念撮影をパチリ!みなさん、お疲れ様でした169.png
f0176736_17040228.jpg















ホテルに帰って温泉に入ってから、楽しい美味しい交流会がスタートです。

女性生産者の小山田美女会の手作り料理がふるまわれ、山菜や野菜のてんぷら、天然の川魚、特産の和牛などなど、お酒を飲みながらの楽しいひとときを過ごしました。

f0176736_11365348.jpg
f0176736_11370934.jpg
f0176736_11373289.jpg






































2日目もお天気の良い一日となりました174.png

苗を育てている育苗センターで生産者に説明してもらいながらの見学をしました。育苗センターでは青々とした苗が一面に広がり、きれいな緑が目に飛び込んできました。

苗をお土産にいただき、神奈川県に帰ったらバケツ稲として育てられるように苗をお土産でいただきました。
f0176736_11374937.jpg

f0176736_11380477.jpg

























バスで移動して、とうわメダカの里で絶滅危惧種のメダカを保存している会 
NPO法人イーハトーブ里山水棲生物保存会の説明を受けながら保存活動を教えてもらいました。

生態系を変えてしまう恐れがある外来種のザリガニをみんなで釣ってお手伝いをしました。お昼は小山田美女会のお手製お弁当をいただきました。とっても美味しかったです。ご馳走さまでした180.png
f0176736_11382218.jpg

f0176736_11383832.jpg
f0176736_11385396.jpg





































産地の魅力をたくさん体験させてもらい、美味しいお料理もご馳走さまでした。お米作りについてもたくさんお話ししてくれて、みんな大喜びでした。田植えシーズンのお忙しい中、あたたかくむかえていただきありがとうございました。
f0176736_11391154.jpg











[PR]

# by yumeblog08 | 2017-06-08 12:06 | JAいわて花巻 | Comments(0)