報告者 パルシステム神奈川ゆめコープ 交流・商品活動支援課 坂本

みなさん、こんにちは101.png 12/2(土)3(日)でJAいわて花巻 冬の交流に行ってきました。
冬の交流は、「しめ縄づくり」をしながらの交流と「宮沢賢治」のふるさとを訪れるツアーとなります。

新幹線で新花巻駅に到着すると気温は0℃149.png でも心躍る感じで寒さなんか吹き飛ばして期待に胸ふくらませバスに乗りホテルに向かいまいした。
まず初めに収穫されたお米が天井高くまで貯蔵されている「カントリーエレベーター」の見学をさせてもらいました。
施設内の見学を行い、収穫されて出荷されるまでの作業と工程を説明してもらいました。
参加者からは『なかなか見れないから見学できてよかった!』『お米が家に届くまでのことが知れて楽しかった』とのこと。
旧小原家住宅では昔ながらのくらしを実際に住んでいた方に説明していただき、当時の様子を想像しました。
産地の冬の暮らしを体験する「しめ縄づくり」では、しめ縄名人2名に教えてもらいながら、生産者にも丁寧にサポートしてもらいました。
最初は悪戦苦闘していた参加者も最後は参加した小学生も含め、全員が自分一人でできるまでに成長しました172.png
途中、産地のおやつ「小昼」(こびる)をいただきました。かんずき(蒸しパン)と甘酒がふるまわれ、「ほっ」と一息つきました。
夜の交流会では、女性生産者グループ「小山田美女会」のメンバーにより「郷土料理」です。
山菜や旬な野菜を使った四季折々「てんぷら」は大人気で、冬のツアーでは「干し柿のてんぷら」が登場しました。
生産者とお話ししながら、おいしい手作り郷土料理とお酒を飲みながらの懇親会はお互いを知るよい機会となりました。
f0176736_09335777.jpg

f0176736_09345345.jpg
f0176736_09363228.jpg
f0176736_09390963.jpg
f0176736_09382502.jpg
f0176736_09394602.jpg

二日目は宮沢賢治のふるさとを訪ねるツアーとなります。
その前に参加者と一緒に植えや草取り、そして稲刈りをしている交流田んぼの見学に行きました。
いまは静かに何も植わっていませんが、ゆっくりと田んぼもお休みをしているようでした。春からまたお願いします112.png
「宮沢賢治記念館」と「宮沢賢治童話村」はガイドの方に詳しく説明をしていただきながらの見学です。
賢治ファンも多かったようで、小説のシーンがよみがえるような、賢治の世界感に触れました。
その後は、賢治がこよなく愛した「てんぷらとサイダー」をいただきました。

冬の交流に参加して、「お米作りのことがよくわかりました」「産地が好きになりました、次は田植えツアーに参加したいです」など
産地と消費地の参加者がつながる冬の交流ツアーとなりました。
パルシステム神奈川ゆめコープでは、参加者と生産者で一緒に育てた「神奈川限定の交流玄米」を独自広報誌「いいね!かながわ」で紹介しています。
ぜひご興味のある方は、産地の愛情がたっぷりとつまった「交流玄米」をご賞味ください180.png

f0176736_09404450.jpg
f0176736_09414446.jpg
f0176736_09423196.jpg
f0176736_09425800.jpg
f0176736_09432282.jpg





[PR]

# by yumeblog08 | 2017-12-12 09:59 | JAいわて花巻 | Comments(0)


報告者:JAいわて花巻 菊池弥須夫さん

交流田の稲刈りが本日(10/6)からスタート致しました。

8月の日照不足により生育が遅れ例年より10日位刈取りが遅れましたが、

本日より交流田を始め、交流玄米を生産している4名の方も一斉に稲刈りが始まりました。


今年は例年よりも厳しい天候状況で生育も懸念されましたが、神奈川ゆめコープの組合員が東和町の交流田へ来て頂き、田植え、草取り、残念ながら交流田の稲刈りは出来ませんでしたが、交流田の管理にご協力頂き稲刈りを迎えることができました。

稲刈りしていると、昨年よりも穂が長く籾の量も多く見受けられております。

品質に関してはこれからですが、組合員のみなさんに品質が良い交流玄米が供給できるように願っております。




f0176736_10004753.jpg

交流田んぼ 菊池兆瀧さんと拓子さん  

f0176736_10010990.jpg

コンバインの運転手は菅原一さん  

f0176736_10012749.jpg
f0176736_10014166.jpg
f0176736_10020063.jpg

手に持っているのは、菊池拓子さんが作った『がんづき』(こびる)です
※こびる・・・おやつのような軽食のこと


JAいわて花巻とパルシステム神奈川ゆめコープは20年以上の交流をしています。年4回の米作り交流(田植え、草取り、稲刈り、冬の交流)のほか、しめ縄作り教室や女性生産者による料理教室等を行っています。この『いわて花巻・ゆめコープ交流玄米』は、交流田のお米を食べたい!届けたい!という組合員と生産者の声から誕生しました。

f0176736_10083359.jpg



【商品情報】

商品名:いわて花巻・ゆめコープ交流玄米5kg(岩手ひとめぼれ)

価 格:5kg 2,999円(税込3,239円)

注文番号:106054

注文期間:111回 10/23(月)~10/27(金)

お届け期間:11/13(月)~11/17(金)

 ご注文は>>>ご注文用紙またはインターネット注文で。

  ※ご注文は注文用紙に6桁の注文番号を記入してください。

  ※インターネット注文の場合は、インターネット注文の登録が必要です。



[PR]

# by yumeblog08 | 2017-10-20 14:25 | JAいわて花巻


報告者:ジョイファーム小田原 大須真希さん



8月に開催されたブルーベリー収穫体験、皆さんからの感想が届きました!


“やまちゃんチーム”“あんちゃんチーム”“なかちゃんチーム”、援農を一緒に行った参加者の方たちから若手生産者への感想やメッセージがびっしり。


生産者3名へ渡すと、嬉しそうに11つの文章を読んでいました。


f0176736_13564013.jpg




f0176736_13581444.jpg

































f0176736_13582168.jpg



















こうやって、自分が一緒に過ごした時間がどのように参加者の皆さんの心に響いたのか知ることができる機会はなかなかありません。


f0176736_13582838.jpg















f0176736_13583849.jpg














f0176736_13583802.jpg














参加者皆さんのメッセージがつまった素敵な冊子を有り難うございました!!

[PR]

# by yumeblog08 | 2017-10-17 16:43 | ジョイファーム小田原


報告者 JAいわて花巻 菊池弥須夫さん

10/9 町の稲刈りがピークを迎えました。谷内カントリーエレベーターは大忙しいです。トラックにたくさんのお米を積んだ車で大渋滞です。

産地の様子 菊池弥須夫さんからの報告です。夏の日照不足や収穫前に雨が降ったりと心配はしていましたが、産地は稲刈りのピークを迎えたようです。待ちに待った新米の時期となります。みなさんお楽しみに180.png

f0176736_11072465.jpg
f0176736_11075365.jpg

[PR]

# by yumeblog08 | 2017-10-13 11:52 | JAいわて花巻 | Comments(0)

報告者:パルシステム神奈川ゆめコープ 交流・商品活動支援課 坂本


みなさん、こんにちは 9/23(土)24(日)産地ツアー 秋の交流にいってきました。

夏の日照不足の影響で生育が少し遅れているため、みんなで育てている交流田んぼでの稲刈りはせずに、生産者の田んぼの稲刈りをさせてもらいました。
一家族に1名の生産者がついて丁寧に稲刈りから束ね方まで教えてくれたおかげで子どもでも上手に稲刈りができました。お米の育て方や産地の様子などお話しながら楽しい時間となりました。その後交流田んぼの様子を見学させていただき、春の交流で植えたさつまいもの収穫となすとピーマンの収穫も体験させてもらいました。

f0176736_10500506.jpg
f0176736_10510170.jpg
f0176736_10520438.jpg
f0176736_10552900.jpg



交流田んぼに移動して、記念撮影をしました。あと少しで収穫ができます。収穫したお米は交流玄米として神奈川の組合員限定で販売されます。

f0176736_10580381.jpg



春に植えたさつまいもの収穫体験

f0176736_10573786.jpg

f0176736_11032157.jpg
f0176736_11041391.jpg

夜の交流会では、餅つきや餅まき、小山田美女会(女性生産者)の郷土料理で生産者との楽しい交流ができました。ごちそうさまえした。


二日目は、リンゴ(紅いわて)の収穫体験とお米の貯蔵施設(カントリーエレベーター)と旧小原家住宅(南部曲がり屋)の見学と昼食です。

f0176736_11073172.jpg
f0176736_11083345.jpg
自分で収穫したリンゴをその場で『ガブリッ!』

f0176736_11102222.jpg
お米の貯蔵施設に運ばれてきたお米の計量の様子

f0176736_11110306.jpg
田んぼの生き物を生産者が捕まえて見せてくれました。タガメやどじょう、ヤゴやタニシ。たくさんの生き物がいる田んぼは安全安心の証拠ですね!

f0176736_11115934.jpg
旧小原家住宅(南部曲がり屋)で実際に住んでいた方のお話を聞いて、昔のくらしを教えてもらいました

f0176736_11131646.jpg
あっというまの二日間、生産者のみなさん、JAいわて花巻と東和町支店のみなさま、ありがとうございました112.png













[PR]

# by yumeblog08 | 2017-10-02 10:45 | JAいわて花巻 | Comments(0)