報告者 パルシステム神奈川ゆめコープ 交流活動課 坂本

9/29(土)30(日)いわて花巻秋の交流が開催されました。春に田植えをして、夏に草取りをして、いよいよ秋の収穫となりました。少し天気が気になりましたが、稲刈りの時は雨も降らず、みんなで協力して鎌で稲を刈りました。収穫したお米は11月1回に交流玄米として、別チラシ「いいね!かながわ」に登場します。稲刈り後はサツマイモの収穫をしました。夜の交流では、「産直米の杵つき切りもち」の原料のヒメノモチを使用した餅つきと餅まきで盛り上がりました。
また秋の味覚サンマと国産和牛のステーキをいただきました。生産者とおいしいお料理を食べながらお話ができ、とても楽しい時間を過ごしました。

f0176736_11194053.jpg
f0176736_11185004.jpg
f0176736_11200996.jpg
f0176736_11204444.jpg
f0176736_11211053.jpg

2日目は、小雨降る中、甘くて美味しい「紅いわて」のリンゴの収穫です。収穫したその場で「ガブリッ」と食べるリンゴは格別のことでしょう!その後、お米の貯蔵施設「カントリーエレベーター」に移動し、収穫したお米のその後を学びました。花巻のお米は風で調整しているので自然に近い状態と同じような、ふっくら感とほどよい粘りがあります。この方法を取り入れているのはパルシステムの米産地でもなかなかありません。旧小原家住宅(曲がり家)では、釜炊きごはんを「米炊き名人」からレクチャーされ、おいしく炊き上げることができました。昔のくらしをうかがい、おいしいご飯と郷土料理でいただきました。

f0176736_11320855.jpg
f0176736_11330777.jpg
f0176736_11340502.jpg
f0176736_11343656.jpg

生産者のみなさん、2日間ありがとうございました。たくさんの思い出とおいしいお料理でおなかいっぱいとなりました。今度は神奈川でおいしいお米「エコ・岩手ひとめぼれ」のいただきます。新米が楽しみです180.png

[PR]

# by yumeblog08 | 2018-10-12 11:39 | JAいわて花巻 | Comments(0)

報告者 菊池弥須夫さん

JAいわて花巻の交流田んぼの様子が産地より届きました。
例年より暑い日が多いので稲の生育も早いようですが、元気に育っているようです。

f0176736_12531228.jpg
f0176736_12532904.jpg
交流田んぼの様子 元気に育っています

f0176736_12540474.jpg
産地の様子 花巻の棚田(生産者:小原君雄さんの田んぼ)

[PR]

# by yumeblog08 | 2018-08-09 12:56 | JAいわて花巻 | Comments(0)

報告者:ジョイファーム小田原 大須 真希さん

毎日暑い日が続いていますね。

7月半ば、梅干しを漬けた方はそろそろ1か月経つ頃でしょうか。

梅干しの講師をしてくれている生産者、斉藤徳雄さん流”土用干し”についてご紹介です!

 
f0176736_16275837.jpg













101.png土用(7月下旬~8月上旬)のころ、晴天の続く日を選び、

ざるやすだれなどに並べて、日が当たり風通しのよい

場所に梅を干す。梅の干し方は34日!

1日目 夕方から干し始めるのが理想的。

2日目 じっくり待つ日。

3日目 朝、梅がしっとりしているうちにひっくり返す

4日目 朝早いうちに水をかけ、お昼前に乾いた頃に取り込む。

※地面に直接置かず、台などにのせて干すと良いです!

※梅から出た「梅酢」は調味料として使えます。防腐作用があるので、ごはんを炊く時に少量入れたり、おにぎりをにぎる時の手水に使ったりしてみてください。


梅が干しあがった梅はすぐに食べることもできますが、半年程置いておくと梅と塩分がなじみ、まろやかな美味しさになります♪

ジョイファームでは1年以上寝かせた梅干しを皆さんの元へお届けしています。

皆さん天気予報とご自分の予定と見比べて、どの日から土用干ししようか計画してみてくださいね!


[PR]

# by yumeblog08 | 2018-07-18 16:55 | ジョイファーム小田原

パルシステム神奈川ゆめコープ 交流活動課事務局

5/12~13で田植えをした交流田んぼの稲はぐんぐん育ち、負けないくらい雑草も育っていました。今回の産地交流は草取り。おいしいお米を作るために欠かせない草取り作業です。草取りのやり方を生産者に教えてもらいながら、大人も子どもも頑張りました。
f0176736_14553509.jpg

田んぼには生きものがたくさんいて、水槽にいれたカエルやオタマジャクシを観察していました。田んぼの図鑑をみながら、『このカエルかな?』と探す様子は真剣そのもの。よい思い出になったようです。
f0176736_14560991.jpg

草取りの後は、米ぬかをまきます。米ぬかが光を遮断して雑草の抑制防止につながります。また米ぬかが土に交じることで良質な土にもなっていきます。米ぬか作業は力仕事ということもあり、お父さんたちが大活躍してくれました。ありがとうございました。
f0176736_15040315.jpg

子どもたちは野菜の収穫も楽しみました。
f0176736_15063037.jpg

夜は生産者を交えての交流会。女性部のみなさんの郷土料理や釜炊きのご飯、おいしいお酒をいただきながら、お米の育て方や産地の様子、産地への思いなどを話しました。子どもたちは流しそうめんでおなかをいっぱいにしていました。
f0176736_15094935.jpg


二日目は、産地の文化に触れる体験をしました。
クラシック音楽を聴いて熟成している味噌蔵の見学。
f0176736_15112068.jpg

和紙作りでは子どもも大人も真剣に取り組んでいました。
f0176736_15120659.jpg

楽しい初夏の交流も無事終了です。産地での体験や交流を忘れないでくださいね。そして神奈川で花巻のお米を食べて、産地のことを思いだしてください180.png 花巻のみなさん、二日間ありがとうございました。
f0176736_15125655.jpg


[PR]

# by yumeblog08 | 2018-07-09 15:25 | JAいわて花巻 | Comments(0)


報告者:パルシステム神奈川ゆめコープ 交流活動課事務局


4回(春-田植え、初夏-草取り、秋-稲刈り 冬-しめ縄作り)生産者の米作りへの思いや作業の大変さなどを実際に顔をみて、交流できるとあって大人気の企画です。

f0176736_14543225.jpg

田植え頑張るぞ♪ 




2018年度産地交流のスタートです。512日(土)~13(日)の2日間で開催されました。
田植え、小山田美女会手作り郷土料理での交流会、育苗センター見学、メダカの里での生きもの観察、昼食には釡ごはん、買い物(佐々長醸造・産直「あおぞら」)と盛りたくさんのスケジュールです。



1日目はまず、田植えを行いました。初めて田植えをする方が多く生産者から丁寧に教えていただきながら夢中で行なっていました。泥の感触を味わいつつ田植えの大変さも感じ貴重な体験になりました。


f0176736_14540227.jpg
      まずは生産者より田植えの仕方の説明です。

f0176736_15045300.jpg
            田植え初体験♪





2日目には田植えの苗作りを行う育苗センターの見学をしました。とてもデリケートで管理が大変なことを教わりました。

f0176736_14563667.jpg
     育苗センターは一面緑のジュータンでいっぱいです!


 メダカの里ではメダカの生存に悪影響を及ぼす外来種のザリガニ釣りに挑戦しました。中には10匹近く釣れた家族もいて大盛況でした。自然環境保護に貢献しながら大人も子どもの頃を思い出し無邪気に楽しんでいました。

f0176736_14585840.jpg
             ザリガニたくさん釣れたよ!



夜の交流会での郷土料理や釡で炊いた白ごはんは小山田美女会の方々の温かいおもてなしも加わりより一層おいしくいただきました。
特に今回初めて取り入れた釜ごはんは自然の中でぜいたくに炊き立てをいただき絶品でした。
f0176736_14555054.jpg
       手作り郷土料理は見ても楽しめました!

            

f0176736_14593252.jpg
       おいしく出来上がったね♪



お米『エコ・岩手ひとめぼれ』の産地であるJAいわて花巻の自然豊かな環境の中、生産者と一緒に田植え体験や自然環境保護について学ぶよい機会となりました。生産者との交流を通し岩手産商品への関心が高まったようです。
温かいおもてなし本当にありがとうございます。
次回の交流まで苗がどのぐらい成長しているか楽しみです。




f0176736_15001524.jpg
           たくさんの思い出ができました!


次回は69日(土)~10日(日)に初夏の交流を開催する予定です。(参加申し込みは終了しました)






[PR]

# by yumeblog08 | 2018-05-21 13:28 | JAいわて花巻 | Comments(0)